SEOで短期間で成果を上げるなら商標キーワードが良い?
SEOで早く成果を出したい人はどうすればいい?
そもそもSEOは短期間で成果出ないものなのなのんじゃない?

それいっちゃおしまいよ、ということで、
それでも短期間で成果を出したい人向けの記事です。

短期間で成果を上げるなら商標キーワード

商標キーワードとは、
プロアクティブという商品を例を取ると、

「プロアクティブ 口コミ」

とか

「プロアクティブ 評価」

みたいなキーワードのことだ。

一方、関連キーワードというものもある。
それは、

「にきび 予防」

とか

「にきび おすすめ」

とかのいわゆる抽象的なキーワードだ。

どっちが早く成果が出るかというともちろん商標キーワードになる。

その理由は下記2つ。

1.商品名で検索されるからユーザーが絞れている
2.商品名だから検索上位に出やすい

ニキビ予防などで検索したユーザーは、そもそも
ニキビの何を予防したいのか幅がある。

もちろんニキビができないように、とか
ニキビができても早く治るようにとか。

それにニキビクリームを求めていない場合もある。
食事で気をつけたいとか、サプリ情報が欲しいとか、予防する時間のことを知りたいのか、
予防する方法を知りたいのか、予防する費用を知りたいのかも幅広い。

結果、これらに対して的確な答えを出すサイトを作らなければならない。

するとサイト構成はこんな感じになると思われる。

ニキビ予防のサイト
1.そもそもニキビとは
2.ニキビができる仕組み
3.ニキビに良い食品
4.ニキビと睡眠の関係
5.ニキビと運動
6.ニキビの薬 ←ここでプロアクティブ

こんなサイト作ってたら短期間なんて無理だよね。
それはそうだね。。

だったら商標キーワードの方が楽だよという話です。

プロアクティブ口コミサイトの例
1.プロアクティブでのいい口コミ
2.プロアクティブの悪い口コミ
3.プロアクティブはこちら

簡単なサイトだね。

有名な商品の商標キーワードは激戦区

じゃあ、自分がプロアクティブ口コミサイトを作ろうとして、検索上位に行くのかって話だ。
行かないの?

行かない。なぜなら全て作ってる人が多いから。

じゃあどうするのかって話です。

1.有名ではない商品を狙う。
2.あえて有名な商品でサイトを作る。
3.有名だけどサイト数が少ない商品を狙う。

もちろんみんな3番を狙いたい。
有名だけどネットに載ってない情報。うーん。

それにはテレビを見ていて穴だ!と思う視点があるのかどうか、
雑誌を穴商品を見つけるために見られるかどうかによってくる。

そんな目で雑誌見たことないよ。

だからなかなか気づかない。
でも気づいたら大きい。
なのでここはがんばってやるしかない。
日頃の行いが左右する。

1番目の誰も知らない商品を狙うのは?
これは諸刃の剣だな。

誰も知らない=誰も欲しくない商品
とも言える。だから、長く売っていて認知度が低ければそれは売れない商品と言えるだろう。

だったら新規案件の方がまだましだ。
ギャンブルだけど当たれば大きい。
当たらなかったら無風。

SEOでも色々あるんだね。
でも資金ゼロでギャンブルできるなら楽しいかも。

なのでこれもやる価値はある。

最後に2番目のあえてレッドオーシャンに飛び込むやり方だ。
これは無理なんじゃない?

商品名+口コミ

なんて多くの人がサイトを作ってる。
でも商品名 + 〇〇のところを工夫できないだろうか?

例えば、

プロアクティブ + 効果なし

でサイトを作る。

効果なしって言われて買う人いないんじないの?

だから、違う商品を売る。
でも引っ張るキーワードはプロアクティブな訳。

なるほど。そうゆうやり方もあるね。

ただ、このやり方はプロアクティブの企業さんは嫌がるだろうなぁ。
それにプロアクティブの代替食品の企業さんもあまりいい気はしない。
やめてくれと言われる可能性もある。

また、プロアクティブを芸能人が使っていれば、
芸能人名 + ニキビでもいける。

要は商品が特定できればいいわけだ。
そうなるね。

成分+ニキビでもいいんじゃない?
その成分がプロアクティブにしかなければ。

関連キーワードで成果をあげるのがプロ

しかし広告主側からすると商品名でサイトを作られるのはあまり嬉しくない。
なんで?

自分のサイトが下に追いやられる可能性があるからだ。

たまに企業サイトよりも上位に個人サイトが来ている場合がある。
これは企業からすると面白くない。

プロアクティブと検索して、企業サイトがないのはおかしい。
サイト作るのにデザイナーに依頼して、記事も自社の開発部と会議して広報部が作ったのかもしれない。

散々手間と費用をかけたサイト。
これが個人に抜かれるとは、、、

面白くないね。

それにアフィリエイターサイトが検索上位になれば
アフィリエイト報酬を払わなければならない。
自社のサイトから一番売れて欲しいわけなのに、だ。

たしかに、それは嫌われるね。

企業側からすると、

え?!こんなキーワードで集客してくれたの?ありがとう!

というのが最高のサイトになる。

そんな知識がある人があるならいくらでも払います!
というのが本来のアフィリエイトだろう。

だから、アフィリエイターはいずれ関連キーワードをやらなければならない。

ただそれは時間もかかるしサイト作成能力もいるし、手間もお金もかかる。

上級者向けかな。

上級者向けだけどナイスな関連キーワードが閃いたならばそれほどおいしいことはない。
これは経験もあるけどセンスだと思う。

センスを磨くために日々テレビや雑誌で広告をチェックしておく癖をつけなければならない。

まとめ

短期間でSEO、サイトアフィリエイトで成果を出すなら、
商標キーワードが良いと思う。

また、その時は、新着案件か有名商品の複合キーワードでちょっと工夫をしてみよう。

要はその商品!と分かればなんでもいいわけで。

なるほど。キャプテン翼の大空翼という名前を知らなくてもドライブシュート!といえばわかるしね。

そうだ。
タイガーシュートとえば日向小次郎。

それは、タイガーショットだ。

おすすめの記事